呼吸器で働く3年目の看護師の悩み

看護師として働きだして、今年で3年目となりました。呼吸器の病院で働いています。

 

看護師という職業は、やっぱり命を預かる仕事なので当然なのは当然なのですが、ちょっとした小さなミスが大きなことになって、責任追及されたり、ミスしたというレポートを書かなければいけないという、業務の責任の重さがとってもつらく思います。

 

一人で多くの患者を受け持たせてもらい、その人それぞれにしなければならないことがあって、時間なども指定されており、限られた時間の中で、確実に正しく、間違いなくしなければならないということがとても大変です。

 

どんなに業務が詰まっていたり、焦っていたとしても、ミスすると許されることなく責められてしまいます。どんな業務条件でも、関係は全くないんですよね。

 

学生の頃は、業務をしながら患者さんと楽しい時間を過ごしていくステキな職場だろうなあと思っていました。しかし、現実は全く違います。この現実とのギャップが受け入れられず、辞めてしまうひとも多いなあと毎年毎年感じています。

 

責任が重く大変な仕事だからこそ、やりがいを感じることも多くあります。看護師として働いているんだなあと実感することもたくさんあり、嬉しい気持ちにもなることができます。

 

しかし、仕方ないことですが、先輩看護師に怒られてしまったり、ミスが続いてしまったり、気遣いすぎて疲れてしまうことがあると、もしくは、気持ちが病んでいると、看護師を本当に辞めたくなります。

患者さんのことはとても大好きです。病気になって、命と向き合う姿を見ると、とてもいろんな気持ちがこみ上げてきます。

 

ただでさえつらい思いをしている患者さんが、毎日笑顔で話してくれる姿を見ると、自分が病んでいることの情けなさや、自分はちっちゃな人間だなあとひしひし感じます。

 

看護師の手伝いなしでは、今自分たちがしているような、身の回りのあたり前のことをできない患者さんにとって、ナースコールというのはとても大切で、命づなのようなものです。看護師が人に尽くすことが好きなのは共通だとは思いますが、やはり、忙しい環境のなかで、ナースコールを頻回に鳴らす患者さんに対して、イラッとすることもあります。

 

それでも私は、つらいのは患者さんだから!とか自分や自分の家族だったら!とかやっぱり患者さんがすきだ!などと考えると、いやな気持ちはなくなります。

 

でも、あからさまにいやな態度になったり、優しくない先輩を見ると、それを見て逆に私が、イラッとします。さそれを反面教師として頑張りたいと思います。